アナナス・ブラクテアツス

アナナス・ブラクテアツス140225a-l.jpg

アナナス・ブラクテアツスはパイナップル科アナナス属の常緑多年草である。
アナナス属は中南アメリカに10種くらいが分布する。
代表種はパイナップル(Ananas comosus)で、属名をパイナップル属とする場合もある。
本種の原産地も南アメリカで、ボリビア、エクアドル、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンに分布する。
英名はレッドパイナップル(red pineapple)という。
草丈は100センチくらいになり大形である。
根際から生える葉は細長くて先が尖り、縁には鋭い棘がある。
葉の質は分厚く、内側に曲がる。
実はパイナップルに似た集合果で苞が赤く、外観全体も赤い。
実は食用になるが種子がある。
属名の Ananas はパイナップルのブラジルでの現地語からきている。
種小名の bracteatus は「苞葉のある」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
撮影地の表示には var. tricolor という変種名がついていた。
これは変種として扱う場合もあるが、一般的には基本種のシノニムとしているようである。
学名:Ananas bracteatus

★赤い実は残念ながらなかったが
 いつかは撮ろう真っ赤な姿

アナナス・ブラクテアツス140225b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2015年2月13日 12:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「琉球竹(リュウキュウチク)」です。

次のブログ記事は「南蛮苧(ナンバンカラムシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7