平家犬蕨(ヘイケイヌワラビ)

ヘイケイヌワラビ091004a-l.jpg

平家犬蕨(ヘイケイヌワラビ)はイワデンダ科メシダ属(アティリウム属)の常緑多年草である。
アティリウム属は北半球の温帯を中心に180種くらいが分布するシダ植物である。
日本にも深山雌羊歯(ミヤマメシダ)などが分布し、属名の和名をメシダ属という。
本種の原産地は本州の兵庫県から山口県にかけてで、渓流沿いのやや湿度の高い林の中に生える。
海外では、台湾や中国にも分布する。
和名の由来は、最初の発見地である島根県の生育地に平家の落人伝説が伝わっていたことからきている。
環境省のレッドリスト(2012)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
根茎は短く斜上する。
葉の長さは20センチから50センチで、少数の葉を叢生する。
葉身は披針形でほとんど単羽状複生である。
葉の柄や軸は紅紫色に染まる。
属名の Athyrium はギリシャ語の「athyros(入口のない)」からきている。胞子嚢の成長の様子から名づけられた。
種小名の eremicola は「孤独に住む」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Athyrium eremicola(syn. Athyrium epirachis)

★洪水で消えてしまった株もある
 自然の変化に抗いながら

ヘイケイヌワラビ091004b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年10月 5日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネリネ・ウンタタ」です。

次のブログ記事は「アリオカルプス・スカフィロストリス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7