アストランティア・マヨル

アストランティア・マヨル140630a-l.jpg

アストランティア・マヨルはセリ科アストランティア属の多年草である。
アストランティア属は10種くらいあるが、主に流通しているのは本種である。
本種は南ヨーロッパからコーカサス地方にかけて分布し、標高100センチから2300メートルの草地や山地に生える。
種小名の読み方は、マヨール、マイヨル、マジョールなどとするものもある。
日本では切り花として利用されるほか、北海道や東北地方などの寒冷地で栽培されている。
イングリッシュガーデンには欠かせない花である。
英名はグレートマスターワート(great masterwort)という。
草丈は40センチから90センチくらいである。
根際から生える葉はロゼット状で長い柄があり、手のひら状に3つから7つに裂ける。
開花時期は6月から8月くらいである。
茎先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、花径3センチくらいの淡い黄緑色やピンクの花をつける。
花弁のように見えるのは総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)である。
実際の花は小さくて真ん中にたくさん集まり、半球状に盛り上がる。
涼しい地域では10月ころまで咲き続ける。
花の後にできる実は扁平な分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Astrantia はギリシャ語の「astron(星)」からきている。
種小名の major は「巨大な」という意味である。
写真は6月に北海道上川町の大雪森のガーデンで撮った。
園芸品種のローマ('Rome')で、淡い紅色をした選抜大輪種である。
学名:Astrantia major

★艶やかな花ではないが渋く咲き
 こぼれるような大人の風情

アストランティア・マヨル140630b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年8月16日 15:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒビスクス・ストルキー」です。

次のブログ記事は「日高峰柳(ヒダカミネヤナギ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7