白毛天の梅(シラゲテンノウメ)

シラゲテンノウメ090718a-l.jpg

白毛天の梅(シラゲテンノウメ)はバラ科テンノウメ属(オステオメレス属)の常緑小低木である。
オステオメレス属は環太平洋地域に数種が分布する。
日本にも天の梅(テンノウメ)などが分布するので、属名の和名をテンノウメ属という。
本種は小笠原諸島の固有種である。
乾燥した岩場などに生える。
別名を綿天の梅(ワタテンノウメ)という。
近縁種の立ち天の梅(タチテンノウメ)と似るが、本種は匍匐性があり、全体に綿毛が生える。
ただし、両者を区別しない説もある。
樹高は20センチから50センチくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は6対から12対で、丸みがある。
和名の通り白い軟毛がたくさん生える。
開花時期は3月から4月である。
葉の脇に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い小さな5弁花をつける。
花の後にできる実は球形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋に紫色や白に熟する。
属名の Osteomeles はギリシャ語の「osteon(骨)+melon(リンゴ)」からきている。果実の様子を表したものである。
種小名の lanata は「軟毛のある」という意味である。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Osteomeles lanata

★はじめての名前に触れて笑み漏れる
 次は花咲く姿見たいと

シラゲテンノウメ090718b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年7月10日 11:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「谷桔梗(タニギキョウ)」です。

次のブログ記事は「赤酸塊(アカスグリ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7