ゴエテア・ストリクティフローラ

ゴエテア・ストリクティフローラ070609a-l.jpg

ゴエテア・ストリクティフローラはアオイ科ゴエテア属の常緑低木である。
ゴエテア属はヤノネボンテンカ属(パボニア属:Pavonia)に近い仲間で、ブラジルに2種が分布する。
これをヤノネボンテンカ属に統合する考え方もある。
本種の原産地もブラジルである。
樹高は1メートルから2メートルくらいである。
葉は長い心形で、互い違いに生える(互生)。
葉は葉脈が目立ち、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は春から秋である。
花は幹に直接つく幹生花である。
紅色の花弁のように見えるのは副萼片である。
花弁や萼片より長いので目立つ。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Goethea はドイツの詩人で植物学者の「ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe, 1749-1832)さん」の名からきている。
種小名の strictiflora は「直立した花の」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Goethea strictiflora

★ぷっつんと枝から短い柄を立てて
 赤い花咲く不思議な姿

ゴエテア・ストリクティフローラ070609b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年6月14日 12:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「草蘇鉄(クサソテツ)」です。

次のブログ記事は「蝙蝠葛(コウモリカズラ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7