榊(サカキ)

サカキ090614b-l.jpg

榊(サカキ)はツバキ科サカキ属の常緑高木である。
分類体系によっては(APGIII)サカキ科とされる。
本州の関東地方南部から沖縄にかけて分布し、山地の林の中に生える。
また、神社によく植えられている。
海外では、済州島や台湾、中国などにも分布している。
樹高は8メートルから12メートルくらいになる。
幹は直立し、樹形が整っている。
樹皮は暗褐色である。
葉は楕円形で、2列に互い違いに生える。
葉には艶があり、質は革質である。
葉には5ミリから10ミリくらいの柄がある。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はなく、先は鋭く尖る。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇に花径15ミリから20ミリくらいの白い5弁花を1輪から3輪つける。
花は咲き進むと黄色くなってくる。
雄しべはたくさんあり、雌しべは1個である。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、11月ころ紫黒色に熟する。
一年中葉が緑色であるため「めでたい木」とされ、神事に使われる。
また、材は緻密で強靭なので床柱や天秤棒などに使われる。
花言葉は「神を尊ぶ」である。
属名の Cleyera はオランダ人の船医で植物学者の「クレイエル(Andreas Cleyer, 1634-?1697)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
実の写真は12月に小石川植物園で撮った。
学名:Cleyera japonica

★榊とて花を咲かせることもある
 小さいけれど白い花びら

サカキ090614a-l.jpgサカキ081221a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年6月12日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「猿梨(サルナシ)」です。

次のブログ記事は「サキシフラガ・ケベンネンシス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7