采振り木(ザイフリボク)

ザイフリボク070603d-l.jpg

采振り木(ザイフリボク)はバラ科ザイフリボク属の落葉高木である。
本州の東北地方から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
また、庭木や公園木として植えられる。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
樹皮は暗い灰紫色である。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉にはやや長い柄があり、先は鋭く尖る。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は緑色で、裏面は灰白色を帯びる。
開花時期は4月から5月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い花をたくさんつける。
花弁は5枚である。
花弁は長さが10ミリから15ミリくらいの線形である。
花の後にできる実は球形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋に白い粉を帯びた黒紫色に熟する。
実は渋くて生食には向かないが、果実酒などに利用される。
和名の由来は、花弁の様子を武将の用いた采配に見立てたものである。
別名を四手桜(シデザクラ)という。
これは花弁の様子を四手(玉串や注連縄[しめなわ]などに下げる紙)に見立てたものである。
材は硬くて緻密なので器具用として利用される。
花言葉は「穏やかな表情」である。
属名の Amelanchier は古いヨーロッパのオック語でのヨーロッパ種(Amelanchier ovalis)に対する呼び名からきている。
種小名の asiatica は「アジアの」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Amelanchier asiatica

★ほんのりと赤く染まった実を見つけ
 ジューンベリーと比べたくなり

ザイフリボク070603c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年5月 2日 14:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アメランチャー・アルニフォリア」です。

次のブログ記事は「ロードデンドロン・スピヌリフェルム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7