マテ茶(マテチャ)

マテ070408b-l.jpgマテ茶(マテチャ)はモチノキ科モチノキ属の常緑小高木である。
ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン、ボリビア、チリなどに分布する。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では準絶滅危惧(NT)に指定されている。
葉はマテ茶の原材料として知られる。
樹高は4?7メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には上部の3分の2くらいに粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花弁4枚、萼片4枚、雄しべ4本である。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤色に熟する。
マテ茶の葉はペルーの前史時代の遺跡からも出土しているという。
現地では、嗜好品であると同時に、重要な栄養摂取源の1つとされている。
属名の Ilex はラテン語の「ilex(セイヨウヒイラギ)」からきている。
種小名の paraguariensis は「パラグアイの」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Ilex paraguariensis

★飲んだことないから味はわからぬが
 名は知っているこれがマテ茶か

マテ070408a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年3月31日 12:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユーフォルビア・ユニスピナ」です。

次のブログ記事は「ユーフォルビア・アミグダロイデス・ロビアエ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7