縮葉縞葵草(チヂミバシマアオイソウ)

ペペロミア・カペラタ140212a-l.jpg

縮葉縞葵草(チヂミバシマアオイソウ)はコショウ科サダソウ属(ペペロミア属)の多年草である。
ペペロミア属はコショウ属の近縁で、世界の熱帯・亜熱帯地方に1500種くらいが分布する。
日本にも暖地に佐田草(サダソウ:Peperomia japonica)が分布するので、属名の和名をサダソウ属という。
本種の原産地はブラジルである。
日本では観葉植物とされる。
学名のペペロミア・カペラタで表示するものもある。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は卵円形で、ロゼット状に生える。
葉は濃い緑色で艶があり、葉脈に沿って縮緬状の皺がある。
開花時期は夏である。
葉と対生して穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつけるが、あまり目立たない。
和名の由来は、葉が縮緬状で葵に似て縞模様が入ることからつけられた。
英名はエメラルドリップル・ペペロミア(emerald ripple peperomia)である。
リップルは「さざ波を立てる」という意味で、葉の様子をたとえたものである。
属名の Peperomia はギリシャ語の「peperi(胡椒)+homoios(似た)」からきている。
種小名の caperata は「皺のよった」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Peperomia caperata

★小さいが彫りが深いよこの葉っぱ
 花もいいけど葉もまた楽し

ペペロミア・カペラタ140212b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2014年2月15日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツリージャーマンダー」です。

次のブログ記事は「胡椒(コショウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7