支那黒慈姑(シナクログワイ)

シナクログワイ061008a-l.jpg

支那黒慈姑(シナクログワイ)はカヤツリグサ科ハリイ属の多年草である。
別名を大黒慈姑(オオクログワイ)という。
日本にも分布する犬黒慈姑(イヌクログワイ)から生まれた栽培植物である。
中華料理で「黒慈姑」と呼ばれている。
台湾、中国南部、東南アジアなどで栽培されている。
泥の中に地下茎を長く這わせる。
草丈は100センチから150センチくらいである。
茎は円柱形の中空で、内部のところどころに隔膜がある。
葉は葉鞘だけで、茎の根元につく。
開花時期は7月から10月くらいである。
茎先に淡い緑色をした円柱形の小穂をつける。
小穂はたくさんの花からなり、外側は螺旋状に並んだ鱗片に包まれる。
中には雌しべ、雄しべと糸状の附属物が並ぶ。
地下茎の先に直径3?4センチの黒っぽい塊茎(芋)をつける。
この芋が中国料理で炒め物や餡かけなどに利用されている。
属名の Eleocharis はギリシャ語の「eleos(沼)+charis(飾る)」からきている。この属の植物の多くが沼地性であることから名づけられた。
種小名の dulcis は「甘味のある」という意味である。
変種名の tuberosa は「塊茎のある」という意味である。
写真は10月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Eleocharis dulcis var. tuberosa

★食べたことあるのかどうかわからない
 味が知りたい大黒慈姑

シナクログワイ061008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2014年1月24日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「茶蘭(チャラン)」です。

次のブログ記事は「大宝冠木(オオホウカンボク)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7