パキポディウム・デンシフロルム

パキポディウム・デンシフロールム130319a-l.jpg

パキポディウム・デンシフロルムはキョウチクトウ科パキポディウム属の落葉低木である。
属名の読み方は「パキポジウム」とするものもある。
パキポディウム属はアフリカに20種くらいが分布する。
本種の原産地はマダガスカルで、中央部の高原に分布する多肉植物である。
日本では鉢植えの観葉植物とされる。
園芸名をシバの女王の玉櫛(シバノジョウオウノタマグシ)という。
樹高は1メートルから2メートルである。
茎が多肉質の塊根状になる。
塊茎には淡い褐色をしており、棘がたくさんある。
夏型の植物で、冬は葉を落として成長を止める。
春になると、楕円形の葉をつける。
開花時期は3月から5月である。
葉の脇から花茎を伸ばし、花径3センチくらいの黄色の花をつける。
花冠は筒状で、先が5つに裂けて横に開く。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Pachypodium はギリシャ語の「pachys(太い)+podius(足)」からきている。肥大した塊茎を表したものである。
種小名の densiflorum は「あふれるように花をつける」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Pachypodium densiflorum

★地を這って伸びる姿はユーフォルビア
 花の様子が違っているね

パキポディウム・デンシフロールム130319b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年12月21日 12:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パキポディウム・エブルネウム」です。

次のブログ記事は「広葉ザミア(ヒロハザミア)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7