亜阿相界(アアソウカイ)

アアソウカイ131104a-l.jpg

亜阿相界(アアソウカイ)はキョウチクトウ科パキポディウム属の落葉低木である。
属名の読み方は「パキポジウム」とするものもある。
パキポディウム属はアフリカに20種くらいが分布する。
本種はマダガスカル島に分布する多肉植物である。

不思議な名だが、アジア(亜細亜)とアフリカ(阿弗利加)の境界であることを意味する。
学名のパキポディウム・ゲアイで表示するものもある。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
自生地では8メートルくらいになるものもある。
幹は灰白色で棘が生える。
幹の内部は海綿状で柔らかく、たくさんの水分を含む。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、幹の先に束生する(束のように集まって生える)。
葉の色は灰白色で、桃色の筋が入る。
開花時期は6月から7月である。
花の色は白く、花冠は先が5つに裂ける。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Pachypodium はギリシャ語の「pachys(太い)+podius(足)」からきている。肥大した塊茎を表したものである。
種小名の geayi はフランス人の植物収集家「ゲアイ(M. Geay, 1900's)さんの」という意味である。
写真は11月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Pachypodium geayi

★この和名かなりふざけているけれど
 それを許すもまた愛敬か

アアソウカイ131104b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年12月19日 14:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「枝垂れ榕樹(シダレガジュマル)」です。

次のブログ記事は「ディオーン・エデュレ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7