橘擬き(タチバナモドキ)

タチバナモドキ091129a-l.jpg

橘擬き(タチバナモドキ)はバラ科トキワサンザシ属(ピラカンタ属)の常緑低木である。
原産地は中国の西南部である。
日本へは明治時代に観賞用として渡来した。
庭木や生垣として愛好されている。
また、鳥が好んで実を食べるため野生化をし、本州の東北地方南部から沖縄にかけて分布している。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹や枝には鋭い棘がある。
葉は細長い楕円形で堅く、縁はやや内巻きになる。
縁は成木にはぎざぎざがない(全縁)が、若木にはぎざぎざ(鋸歯)があることもある。
葉は互い違いに生える(互生)が、短い枝では束になって生える(束生)。
開花時期は5月から6月である。
小さな白い花が総状に集まってつく。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、11月ころに橙色に熟する。
和名の由来は、実の色が橘(タチバナ)に似ていることからきている。
細葉の常磐山査子(ホソバノトキワサンザシ)の別名がある。
ピラカンサは属名からきた名で、本種のほか常磐山査子(トキワサンザシ)や崋山手毬(カザンデマリ)なども含めた総称である。
常磐山査子(トキワサンザシ)の実は赤く、崋山手毬(カザンデマリ)の実は更に赤い。
花言葉は「慈悲」である。
属名の Pyracantha はギリシャ語で「pyro(炎)+acantha(刺)」からきている。果実の色や枝にある棘を表している。
種小名の angustifolia は「細葉の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
花の写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Pyracantha angustifolia

★いっぱいに橘擬きは花咲かせ
 これがなければ実もならぬのと

タチバナモドキ120523a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年11月 1日 14:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダビエシア・レプトフィラ」です。

次のブログ記事は「セレニケレウス・メガランツス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7