小楢(コナラ)

コナラ130423a-l.jpg

小楢(コナラ)はブナ科コナラ属の落葉高木である。
北海道から九州にかけて分布し、里山などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
別名を柞(ハハソ)という。
「ははそ」は古い言葉で、「母」にかかる枕詞でもあった。
樹高は15メートルから30メートルくらいである。
幹には銀白色の縦筋が不規則に走る。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面は軟毛が生えて、やや灰白色を帯びる。
乾いた場所に生える葉は小さく、湿った場所では大きくなる。
和名の由来は、水楢(ミズナラ)と比べて葉が小さいところからきている。
水楢(ミズナラ)は別名を大楢(オオナラ)ともいう。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
雌雄同株である。
雄花序は長さが6センチから10センチくらいあり、長く垂れ下がる。
雌花序は短く、新しい枝の葉の脇につく。
色はいずれも黄緑色である。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、秋に熟して細長い楕円形のドングリとなる。
かつて東北地方の山村では、小楢(コナラ)のドングリは重要な食料であった。
材は木炭の原料とされるほか、椎茸(シイタケ)の原木などに使われる。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Quercus serrata

★生活とつながり深い小楢の木
 雄花垂らして風に揺ら揺ら

コナラ130423b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年9月30日 13:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水楢(ミズナラ)」です。

次のブログ記事は「大葉菩提樹(オオバボダイジュ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7