白妙菊(シロタエギク)

シロタエギク050702a-l.jpg

白妙菊(シロタエギク)はキク科キオン属の多年草である。
原産地は南ヨーロッパである。
英名はダスティーミラー(dusty miller)という。
若い苗の葉が美しく、園芸上は一年草として扱われる。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉と茎の色はシルバーで、フェルト状の毛が密生して美しい。
葉は羽状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から8月である。
茎先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、キク科特有の黄色い小さな花(頭花)をたくさんつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Senecio はラテン語の「senex(老人)」からきている。灰白色の毛や白い冠毛のあるものが多いことから名づけられた。
種小名の bicolor は「二色の」という意味である。
亜種名の cineraria は「シネラリア属(Cineraria)のような」という意味である。
写真は7月に野田市の清水公園で撮った。
学名:Senecio bicolor subsp. cineraria

★妙なるは葉や茎のみにあらざると
 花咲かせたり白妙菊は

シロタエギク050702b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年7月 3日 13:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白熊の木(ハグマノキ)」です。

次のブログ記事は「深山刺草(ミヤマイラクサ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7