杓(シャク)

シャク060615a-l.jpg

杓(シャク)はセリ科シャク属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、湿地や明るい林の中などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、カムチャツカ、シベリア、モンゴル、中央アジア、東ヨーロッパなどに広く分布している。
草丈は60センチから100センチくらいである。
根は多肉質で地中に直下する。
細くて縦に溝のある緑色の茎は直立し、上部でところどころで枝分かれする。
葉は2-3回3出複葉で、裂片は深く切れ込み、長さは20センチから50センチくらいある。
開花時期は5月から6月である。
茎先に複数の散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を組み合わせて出し、花径4、5ミリくらいの白い小さな5弁花をたくさんつける。
花びらは中心部では大きさに差がないが、周辺部では外側の花びらが大きく、5枚の大きさが揃っていない。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、2つのブロックからなる。
円柱形をしており、黒く熟する。
全体によい香りがする。
春先のに柔らかい茎葉は食用になる。
根は生薬で峨参(がさん)といい、解熱、鎮痛、鎮咳、去痰などの薬効がある。
なお、小杓(コシャク)の別名もある。
これは、北海道・東北地方ではかつて獅子独活(シシウド)を杓(シャク)と呼び、杓(シャク)を小杓(コシャク)と呼んできたことの名残である。
属名の Anthriscus はある種のセリ科植物のギリシャ名(anthriskon)からきている。
種小名の sylvestris は「森林に生える」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Anthriscus sylvestris

★うっそうと茂るがごとく傘広げ
 杓の花咲く北の大地に

シャク060615b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月12日 11:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「チャービル」です。

次のブログ記事は「高嶺びらんじ(タカネビランジ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0