細葉大青(ホソバタイセイ)

ホソバタイセイ080504c-l.jpg

細葉大青(ホソバタイセイ)はアブラナ科タイセイ属の越年草である。
原産地は南ヨーロッパである。
「大青」というのは藍染めに使用する植物の総称である。
大青(タイセイ:Isatis indigotica)よりも葉が細いのでこの名がつけられた。
英名はダイヤーズ・ウォード(Dyer's woad)である。
日本では藍染めの原料は藍(アイ)だったが、中世のヨーロッパでは本種が用いられた。
また、根は生薬で板藍根(ばんらんこん)といい、抗菌・解熱・解毒作用がある。
草丈は70センチから150センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉は銀白色を帯びる。
開花時期は4月から5月である。
黄色い4弁花をつける。
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
なお、同学名の浜大青(ハマタイセイ)が北方領土を含む北海道に分布する。
これは、環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
ただし、こちらは異学名(Isatis yezoensis)とする見方もある。
属名の Isatis はギリシャ語の「isatis(暗色の染料を採るある植物の名)」からきている。
種小名の tinctoria は「染色用の」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Isatis tinctoria

★この花が使われるのか草木染め
 知らぬ世界に興味津々

ホソバタイセイ080504b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年5月30日 11:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「釣鐘葛(ツリガネカズラ)」です。

次のブログ記事は「マルメロ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0