レッドロビン

レッドロビン080505a-l.jpg

レッドロビン(Red Robin)はバラ科カナメモチ属の常緑低木である。
要黐(カナメモチ)と大要黐(オオカナメモチ)の種間交雑で育成された園芸種である。
葉は要黐(カナメモチ)よりやや大きく、新葉の赤色も強い。
病害に弱い要黐(カナメモチ)に取って代わって生け垣などに多用されている。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の長さは10センチくらいである。
葉の質は革質で艶がある。
開花時期は5月から6月である。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い小さな5弁花をたくさんつける。
ほとんど結実しない。
要黐(カナメモチ)も大要黐(オオカナメモチ)も日本原産だが、アメリカで育成されたので西洋要黐(セイヨウカナメモチ)の名で呼ばれることがある。
属名の Photinia はギリシャ語の「photeinos(耀く)」からきている。艶のある葉の様子から名づけられた。
種小名の fraseri はアラバマの種苗家「フレーザー(Fraser)さんの」という意味である。
写真は5月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Photinia x fraseri 'Red Robin'

★かっこいい名前もらって満足と
 レッドロビンは真っ赤に燃えて

レッドロビン080505b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年5月13日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白山躑躅(シロヤマツツジ)」です。

次のブログ記事は「類葉牡丹(ルイヨウボタン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0