林檎(リンゴ)

リンゴ070415b-l.jpg

大役も得たりとばかり林檎咲く

林檎(リンゴ)はバラ科リンゴ属の落葉高木である。
原産地は小アジアやコーカサス地方だといわれる。
現在日本で栽培されているものは西洋林檎(セイヨウリンゴ)から改良されたもので、これは明治時代以降に導入されたものである。
英名はアップルブロッサム(apple blossum)である。
一方、江戸時代以前に中国から渡来したものは和林檎(ワリンゴ)と呼ばれるが、現在ではほとんど栽培されていない。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇から数本ずつ花柄を出し、淡い紅色を帯びた白い5弁花をつける。
果実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)である。
食用にするのは花托(かたく:柄の上端にあって花弁や雌しべなどをつける部分)の発達したものである。
果実の出荷は10月から翌年の7月ころまで、ほぼ10か月に渡って行われるという。
俳句では「林檎」が秋の季語、「林檎の花」が春の季語である。
属名の Malus はギリシャ語の「malon(リンゴ)」からきている。
種小名の domestica は「栽培されている」という意味である。
花の写真は4月に小石川植物園で撮った。
「ゆかり」という品種である。
ニュートンのリンゴの木を結実させるために植えてある。
実の写真は10月に野田市の清水公園で撮った。
品種は「ふじ」である。
学名:Malus domestica

★枝につく林檎はやはりジューシーで
 自然の恵み伝えるように

リンゴ・フジ051001a-l.jpg


COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2013年4月17日 10:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薄重大島 (ウスガサネオオシマ)」です。

次のブログ記事は「テロペア・スペキオシッシマ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0