釣鐘水仙(ツリガネズイセン)

ツリガネズイセン130317a-l.jpg

釣鐘水仙(ツリガネズイセン)はユリ科ヒアキントイデス属の多年草である。
分類体系によってはヒアシンス科とされる。
属名の読み方は「ヒアシンソイデス」とするものもある。
原産地はヨーロッパのイベリア半島である。
日本には明治時代の後期に渡来した。
草丈は20センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花期は4月から5月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、ベル形の花を下垂させる。
花の色の基本は淡い青色である。
多くの園芸品種があり、白や桃色、紫色などのものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
旧い学名の英語読みであるシラー・カンパニュラータ(Scilla campanulata)の名で流通している。
属名の Hyacinthoides はギリシャ語の「Hyacinthus(ヒアシンス属)+oides(似た)」からきている。
種小名の hispanica は「スペインの」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Hyacinthoides hispanica

★陽射し浴び紫の色透き通る
 釣鐘水仙夢を運んで

ツリガネズイセン130317ba-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年4月15日 10:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「耳形天南星(ミミガタテンナンショウ)」です。

次のブログ記事は「夏灯台(ナツトウダイ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0