白花蘇芯花(シロバナソシンカ)

シロバナソシンカ100305a-l.jpg

白花蘇芯花(シロバナソシンカ)はマメ科ハカマカズラ属の落葉高木である。
蘇芯花(ソシンカ)の変種である。
原産地は中国の南部、ミャンマー、インドなどである。
基本種は中国名を「羊蹄甲」といい、そこから羊蹄木(ヨウテイボク)の別名もある。
葉が羊の蹄に似ているというのが名の由来である。
樹高は8メートルから12メートルくらいである。
樹皮は暗い褐色で、ほぼ滑らかである。
葉は円形で、真ん中あたりまでV字形に裂けている。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は3月から4月である。
花径が8センチから12センチくらいある大きな白い花をつける。
花冠は5つに裂け、真ん中の裂片には淡い黄色の斑が入る。
基本種の花の色は紅紫色である。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Bauhinia はスイスの植物学者「ボーアン兄弟(Jean Bauhin & Caspar Bauhin, 1500's-1600's)」にちなむ。葉の先が2つに割れているのを兄弟に見立てたものである。
種小名の variegata は「斑入りの」という意味である。
変種名の candida は「純白の」という意味である。
写真は3月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Bauhinia variegata var. candida

★さっぱりと咲いた白花魅惑的
 樹でありながら蘭の趣

シロバナソシンカ100305b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年2月28日 09:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブラジル梯梧(ブラジルデイゴ)」です。

次のブログ記事は「山茱萸(サンシュユ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0