帝王葉芋(テイオウハイモ)

ナガバクワズイモ130116a-l.jpg

帝王葉芋(テイオウハイモ)はサトイモ科クワズイモ属(アロカシア属)の多年草である。
原産地はカリマンタン島で、熱帯雨林に生える。
別名を長葉食わず芋(ナガバクワズイモ)という。
学名のアロカシア・ローウィーで表示するものもある。
日本では観葉植物とされる。
草丈は20センチから30センチである。
茎は短く、根は球根状となる。
葉の形は矢じり状で、長さは50センチくらいになる。
葉の色は暗い緑色で艶があり、葉脈に沿って銀灰色の斑が入る。
花序は肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)である。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)の集合果である。
属名の Alocasia はギリシャ語の「a(否定)+Colocasia(サトイモ属)」からきている。サトイモ属とは異なる属という意味である。
種小名の lowii はイギリス人の植物収集家「ロー(Hugh Low, 1824-1905)さんの」という意味である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Alocasia lowii

★帝王の名にふさわしい葉姿に
 ほうとため息ジャングル思い

ナガバクワズイモ130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年2月25日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インド蘇鉄(インドソテツ)」です。

次のブログ記事は「パッシフローラ・ペルフォリアタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0