八重山蛭木(ヤエヤマヒルギ)

ヤエヤマヒルギ130116a-l.jpg

八重山蛭木(ヤエヤマヒルギ)はヒルギ科ヤエヤマヒルギ属の常緑高木である。
別名を大葉蛭木(オオバヒルギ)や白花蛭木(シロバナヒルギ)という。
沖縄県に分布し、マングローブに生える。
海外では、台湾、中国の南部、東南アジア、南太平洋、オーストラリア、東アフリカなどにも分布する。
樹高は10メートルくらいである。
ただし、熱帯では30メートルから40メートルになるものもある。
太い枝から出た呼吸根が枝分かれしながら泥に入り込む。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は革質で分厚く艶がある。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の裏面には小さい黒点がたくさんある。
開花時期は8月から9月である。
葉の脇から集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、黄白色の花をつける。
花弁数は4枚である。
花の後にできる実は卵形である。
やがてその実の先から細長い褐色の胎生種子の根が伸びる。
成熟した胎生種子は、海流散布で広がる。
属名の Rhizophora はギリシャ語の「rhiza(根)+phoreo(有する)」からきている。呼吸根を海中にたくさん下ろすことから名づけられた。
種小名の mucronata は「微凸頭の」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Rhizophora mucronata(=Rhizophora stylosa)

★未だ見ぬマングローブをいつの日か
 訪れたいと夢を広げて

ヤエヤマヒルギ130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年2月15日 09:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台湾浜万年青(タイワンハマオモト)」です。

次のブログ記事は「蛭木擬き(ヒルギモドキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0