クテナンテ・ブルレマルクシー

クテナンテ・ブルレマルクシー130116a-l.jpg

クテナンテ・ブルレマルクシーはクズウコン科クテナンテ属の多年草である。
原産地はブラジルである。
葉の模様が美しく、観葉植物とされる。
草丈は40センチくらいである。
葉は長い楕円形で、長さは20センチくらいまでである。
葉の表面は淡い緑色で、葉脈に沿って暗い緑色の斑が入る。
葉の裏面は紫色である。
属名の Ctenanthe はギリシャ語の「kteis(櫛)+anthos(花)」からきている。
種小名の burle-marxii はブラジル人の造園家「マルクス(Roberto Burle Marx, 1909-1994)さんの」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Ctenanthe burle-marxii

★美しい模様が地面に広がれば
 これは見事だカンバスのよう

クテナンテ・ブルレマルクシー130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年1月31日 15:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インド綿の木(インドワタノキ)」です。

次のブログ記事は「飛行機草(ヒコウキソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7