白花亀葉引起し(シロバナカメバヒキオコシ)

シロバナカメバヒキオコシ090922a-l.jpg

亀葉引起し(カメバヒキオコシ)はシソ科ヤマハッカ属の多年草である。
日本固有種である。
東北地方の南部から中部地方にかけて分布し、山地の木陰などに生える。
和名の由来は、葉の先が3つに裂け、中央の裂片が亀の尾のように長く伸びるところからきている。
花の色は淡い紫色だが、稀に白花のものがあり、白花亀葉引起し(シロバナカメバヒキオコシ)と呼ばれる。
草丈は60センチから90センチくらいである。
茎の断面は四角形で、細かい毛が生える。
葉は卵円形で、向かい合って生える(対生)。
葉には柄があり、葉の縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から10月くらいである。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い唇形の花をたくさんつける。
上唇は立ち上がり、下唇は舟形である。
萼片は5枚である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Plectranthus はギリシャ語の「plectron(距)+anthos(花)」からきている。距のある花の形から名づけられた。
種小名の umbrosus は「日陰地を好む」という意味である。
変種名の leucanthus は「白い花の」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Plectranthus umbrosus var. leucanthus f. leucanthus(=Isodon umbrosus var. leucanthus f. leucanthus)

★白花はいろんなものにあるんだね
 少しか弱い箱入り娘

シロバナカメバヒキオコシ090922b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年9月20日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「葉鶏頭(ハゲイトウ)」です。

次のブログ記事は「猩々草(ショウジョウソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0