葉鶏頭(ハゲイトウ)

ハゲイトウ・イエロースプレンダー071021a-l.jpg

葉鶏頭(ハゲイトウ)はヒユ科ヒユ属の一年草である。
原産地は熱帯アジアである。
漢名を「雁来紅」という。
これは雁の訪れる時期に色づくことからきた名である。
属名からアマランサスとも呼ばれる。
日本へは明治時代の後期に渡来した。
草丈は80センチから150センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
花は葉の脇につくが目立たない。
夏の終わりから秋にかけて黄色や紅色に色づく葉を楽しむ。
原産地では作物としても利用する。
属名の Amaranthus はギリシャ語の「amaramthos(しぼまない)」からきている。
種小名の tricolor は「3色の」という意味である。
写真は10月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
品種名は、イエロースプレンダーとトリカラーパーフェクタである。
学名:Amaranthus tricolor

★とりどりの色が眩しい葉鶏頭
 短い陽射し待ちかね開き

ハゲイトウ・トリカラーパーフェクタ071021a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年9月19日 16:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シベリアン・アスター」です。

次のブログ記事は「白花亀葉引起し(シロバナカメバヒキオコシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0