グロキシニア

グロキシニア060708b-l.jpg

グロキシニア(Gloxinia)はイワタバコ科オオイワギリソウ属(シンニンギア属)の非耐寒性多年草である。
グロキシニアの名は旧属名からきている。
和名を大岩桐草(オオイワギリソウ)という。
原産地はブラジルである。
18世紀に発見された。
この花は高村光太郎の「智恵子抄」にも登場する。
ヨーロッパに持ち込まれて品種改良をされ、日本へは明治時代の初期に持ち込まれた。
しかし、一般に温室栽培されるようになるのは明治末期以降だという。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は広い卵形である。
葉には柄があって先は尖り、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
厚ぼったく、ビロード状である。
開花時期は6月から10月である。
花茎の先に横向きにそれぞれ1つの花をつける。
花冠は鐘形で先が5つに裂ける。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の色には赤や紫色が基本だが、園芸品種には白や桃色のものがあり、一重咲き、八重咲き、覆輪咲き(花びらに縁取りが入る)など多彩である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Sinningia は19世紀のドイツ人の園芸家「シンニング(Wilhelm Sinning)さん」の名からきている。
種小名の speciosa は「華やかな」という意味である。
写真は7月に山中湖村の花の都公園で撮った。
学名:Sinningia speciosa

★大正のロマン伝えるグロキシニア
 華麗な姿進化を遂げて

グロキシニア060708a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年8月23日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一つ葉蓬(ヒトツバヨモギ)」です。

次のブログ記事は「藻岩沙参(モイワシャジン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0