木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)

キダチチョウセンアサガオ080721a-l.jpg

木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)はナス科キダチチョウセンアサガオ属の常緑低木である。
原産地はブラジルである。
かつてはチョウセンアサガオ属(Datura)に分類されていたが、現在はキダチチョウセンアサガオ属(Brugmansia)に移行していた。
樹高は3メートルから4メートルくらいになる。
葉は大きな楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から9月である。
20センチから30センチもあるトランペットのような大形の花が垂れ下がる姿は豪華である。
花の色は白だが、園芸種の中には淡黄、淡桃、紫、赤などもあり多彩である。
英名のエンゼルストランペット(angel's trumpet)でも流通している。
花の後にできる実は長い楕円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Brugmansia はドイツの博物学者「ブルグマン(S. J. Brugmans)さん」の名からきている。
種小名の suaveolens は「甘い香りがする」という意味である。
写真は7月に水戸市立植物公園で撮った。
3枚目は9月に東京都薬用植物園で撮った。
実の写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Brugmansia suaveolens

★陽射し浴び肌がきらめき透き通る
 夜の帳をひた待ちながら

キダチチョウセンアサガオ080721c-l.jpg

キダチチョウセンアサガオ080921a-l.jpg

キダチチョウセンアサガオ081012a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年7月18日 12:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キペルラ・コリーフォリア」です。

次のブログ記事は「稗(ヒエ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0