黄素馨(キソケイ)

キソケイ100605a-l.jpg

黄素馨(キソケイ)はモクセイ科ソケイ属の常緑低木である。
原産地は北大西洋のマディラ諸島、カナリー諸島である。
日本では、暖地で庭木とされる。
樹高は1メートルから2メートルである。
よく枝分かれをする。
葉は3枚から7枚の奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で、先は尖る。
開花時期は4月から7月である。
枝先にまばらな散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、花径2センチくらいの黄色い花をたくさんつける。
花冠は筒状で、先が5つに深く裂けて平らに開く。
素馨(ソケイ)というのはジャスミンのことである。
なお、このほかにヒマラヤ産のものが黄素馨(キソケイ:Jasminum humile var. revolutum)として流通している。
属名の Jasminum はアラビア語の「ysmyn(マツリカ)」をラテン語化したものである。
種小名の odoratissimum は「非常によい香りのする」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名表示もここでのものに沿っている。
学名:Jasminum odoratissimum

★枝先を埋めるように黄素馨の
 花がほころぶ皐月の空に

キソケイ100605b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年6月 6日 13:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岩石蘭(ガンゼキラン)」です。

次のブログ記事は「黄斑月桃(キフゲットウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0