花菖蒲(ハナショウブ)

カミジノホマレ090607a-l.jpg

花菖蒲雨は苦手か垂れて咲き

花菖蒲(ハナショウブ)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
野花菖蒲(ノハナショウブ)を改良した園芸品種である。
ただし、学名上は花菖蒲(ハナショウブ)のほうが基本種の扱いになっている。
古典園芸植物で非常に多くの品種がある。
草丈は60から120センチくらいである。
葉は剣状で、2列に互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月である。
茎先に2、3輪の花をつける。
花の色は紫色を基本に白、桃色、紅色、青などがあり、絞りや覆輪の入るものもある。
花被片のことを英(はなぶさ)といい、外花被片3枚が大きいものを3英、内花被片3枚も大きいものを6英という。
系統としては、江戸系、肥後系、伊勢系の3つのほか、長井古種、大船系、アメリカ系などがある。
俳句の季語は夏である。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の ensata は「剣形の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
品種名は神路の誉(カミジノホマレ)で、伊勢系である。
学名:Iris ensata

★どれだけの組合せあれど花菖蒲
 基本の色の深み勝りて

カミジノホマレ090607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年5月31日 08:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日高三葉躑躅(ヒダカミツバツツジ)」です。

次のブログ記事は「鉄線(テッセン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0