白花長葉の菫細辛(シロバナナガバノスミレサイシン)

シロバナナガバノスミレサイシン090405a-l.jpg

白花長葉の菫細辛(シロバナナガバノスミレサイシン)はスミレ科スミレ属の多年草である。
分類上は長葉の菫細辛(ナガバノスミレサイシン)の品種の1つとされている。
基本種の花の色が淡い紫色なのに比べて本種の花の色は白い。
本州の福島県から四国にかけて太平洋側に分布し、山地や低地の林の中などに生える。
草丈は5センチから10センチくらいである。
無茎種である。
葉は細長い三角状の卵形である。
開花時期は4月から5月である。
花の色は白く、側弁に毛は生えていない。
距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)は太くて短い。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の bissetii は明治時代の初期に来日したイギリス人の植物採集家「ビセット(J. Bisset)さんの」という意味である。
品種名の albiflora は「白い花の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園のすみれ展(日本すみれ研究会)で撮った。
学名:Viola bissetii f. albiflora

★特徴は白く大きな花にある
 長い名前で覚えにくいよ

シロバナナガバノスミレサイシン090405b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年5月30日 12:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実成り文目(ミナリアヤメ)」です。

次のブログ記事は「サラセニア・アラタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0