灯台草(トウダイグサ)

トウダイグサ070321c-l.jpg

水光る灯台草に影黒く

灯台草(トウダイグサ)はトウダイグサ科トウダイグサ属の越年草である。
本州から沖縄にかけて分布し、日当たりのよい道端などに生える。
海外では、北半球に広く分布する。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉はへら状で、互い違いに生える(互生)。
茎先の葉は輪生する。
茎や葉を傷つけると白い乳液を分泌し、有毒である。
開花時期は4月から6月である。
茎先に杯状花序(花が杯状の総苞に包まれるて茎先につく)をつける。
花の色は黄色で、花径は5ミリくらいである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、草の姿を昔の灯明台に譬えたものである。
俳句の季語は春である。
属名の Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブスさん(Euphorbus)」の名にちなむ。この属の植物の乳液を初めて薬にしたことから名づけられた。
種小名の helioscopia は「向日性の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Euphorbia helioscopia

★うっすらと明かり灯すや道端に
 灯台草はそっと花咲き

トウダイグサ070321e-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年5月23日 06:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小豆島連翹(ショウドシマレンギョウ)」です。

次のブログ記事は「岩大戟(イワタイゲキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0