牛の舌(ウシノシタ)

ウシノシタ090904a-l.jpg

牛の舌(ウシノシタ)はイワタバコ科ウシノシタ属(ストレプトカーパス属) の多年草である。
原産地は南アフリカのナタール地方である。
和名の由来は、大きな1枚の葉を牛の舌に見立てたものである。
学名のストレプトカーパス・ウェンドランディで表示するものもある。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は1枚で、長さが50センチくらいある大きな心臓形である。
葉の表面には皺があり、葉脈が目立つ。
葉の縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から7月くらいである。
花茎を伸ばし、青紫色をした筒状の花を横向きにつける。
花冠の先は5つに裂ける。
花の色は白やピンクのものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
開花・結実後に一代が終わる一稔植物である。
属名の Streptocarpus はギリシャ語の「streptos(ねじれる)+ karpos(果実)」からきている。長いさく果が螺旋状にねじれていることから名づけられた。
種小名の wendlandii は植物採集家「ウェンドランド(H. Wendland)さんの」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Streptocarpus wendlandii

★どっしりと存在示す大きな葉
 不思議な姿にびっくりするよ
☆面白き名を付けられた花なれど
 薄紫の花は可憐に

ウシノシタ090904b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年5月21日 09:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小麦(コムギ)」です。

次のブログ記事は「兎の尾(ウサギノオ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0