白花鯛釣草(シロバナタイツリソウ)

シロバナタイツリソウ120429a-l.jpg

鯛釣草(タイツリソウ)はケシ科コマクサ属の多年草である。
分類体系によってはケマンソウ科とされる。
原産地は中国、朝鮮半島である。
園芸品種に白花のものがあり、白花鯛釣草(シロバナタイツリソウ)と呼んでいる。
草丈は50センチから80センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で羽状に3つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。
花期は4月から6月である。
茎先に長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、ハート形をした白い花を垂れ下げてつける。
花径は3センチくらいである。
花弁は4枚で、外側の2枚は心臓形、内側の2枚は先が突き出る。
萼片は2枚で、早くに落ちる。
花の後にできる実は細長いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
別名を白花華鬘草(シロバナケマンソウ)という。
これは仏具の華鬘に見立ててつけられた名である。
華鬘は寺院のお堂の中にかける透かし彫りの飾りのことで、金・銅・革などを材料に花鳥・天女などを透かし彫りにするものである。
属名の Dicentra はギリシャ語の「dis(二)+centron(距)」からきている。2枚の花弁に距が突き出していることから名づけられた。
種小名の spectabilis は「素晴らしい」という意味である。
品種名の Alba は「白い」という意味である。
写真は4月に太田市大光院の関東山野草展で撮った。
学名:Dicentra spectabilis 'Alba'

★釣り上げてみればきらめく鯛釣草
 ロマンチックを君に捧げん

シロバナタイツリソウ120429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年5月19日 12:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴虫草(スズムシソウ)」です。

次のブログ記事は「姫深山菫(ヒメミヤマスミレ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0