石斛(セッコク)

セッコク120429a-l.jpg

石斛の色香彩なす様眩し

石斛(セッコク)はラン科セッコク属(デンドロビウム属)の多年草である。
本州の東北地方から九州にかけて分布し、樹上や岩上に生える着生種である。
観賞用に栽培もされている。
海外では、中国にも分布する。
草丈は5センチから25センチくらいである。
葉は幅の広い披針形で、茎の上部につく。
葉のつけ根の部分には葉鞘(茎を鞘状に包むような形になった葉のつけ根)があり、茎を抱く。
開花時期は5月から6月である。
茎先に1、2輪の花をつける。
花径は2、3センチで、花の色は白ないし淡い紅色である。
萼片3枚と側花弁2枚はほぼ同じ長さである。
唇弁はやや短く、先が尖る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
俳句では「石斛の花」が夏の季語である。
蕾のときに全草を乾燥させたものを生薬で石斛(せっこく)といい、健胃、解熱、消炎、強壮などの薬効がある。
属名の Dendrobium は「dendron(樹)+ bios(着生)」に由来する。
種小名の moniliforme は「ネックレス状の」という意味である。
写真は4月に太田市大光院の関東山野草展で撮った。
学名:Dendrobium moniliforme

★山に咲き淡き紅さす石斛は
 磨かれ育ち色香彩なす

セッコク120429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年5月16日 08:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「風鈴苧環(フウリンオダマキ)」です。

次のブログ記事は「琉球小菫(リュウキュウコスミレ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0