カロライナジャスミン

カロライナジャスミン090412a-l.jpg

カロライナジャスミン(Carolina jasmine)はマチン科ゲルセミウム属の常緑蔓性低木である。
分類体系によっては(APG第3版)ゲルセミウム科とされる。
ゲルセミウム属は東南アジアと北アメリカ、中央アメリカに3種が分布する。
本種の原産地はアメリカ合衆国の南部からメキシコ、グァテマラにかけてである。
和名の由来は、サウスカロライナ州やノースカロライナ州に分布し、ジャスミンのような香りがするということからきている。
サウスカロライナ州の州花とされており、英名もカロライナジャスミン(Carolina jasmine)である。
別名をカロライナ黄素馨(カロライナキソケイ)という。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には柄があり、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の質は革質で、両面とも濃い緑色である。
また、常緑であるが秋には紅葉する。
開花時期は4月から5月である。
葉に脇につく花は花径2センチくらいの黄色い漏斗状で、花冠の先が5つに裂けて横に広がる。
萼片は5枚、雄しべは5本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
全体が有毒で毒性も強く、皮膚炎や呼吸麻痺を起こす危険があるので注意が必要である。
花言葉は「甘いささやき」である。
1月26日の誕生花 である。
属名の Gelsemium はイタリア語の「gelsomino(ジャスミン)」からきている。
種小名の sempervirens は「常緑の」という意味である。
写真は4月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Gelsemium sempervirens

★遠くから強い香りと鮮やかな
 黄金の色で合図を送り

カロライナジャスミン090412b-l.jpg

COPYRIGHT © 2017 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2017/01/26 改訂

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト






このブログ記事について

このページは、が2012年4月17日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薄黄薺(ウスキナズナ)」です。

次のブログ記事は「姫顎菫(ヒメアギスミレ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7