チューリップ

チューリップ'アプリコットインプレッション'060520a-l.jpg

ビロードの夢弾ませてチューリップ

チューリップはユリ科チューリップ属の多年草である。
チューリップといえばオランダを連想するが、原産地はトルコから中央アジアにかけた地域である。
チューリップがヨーロッパに紹介されたのは16世紀のことで、オランダで品種改良された。
日本には1863年にフランスから輸入されたが、栽培が始まったのは日露戦争のころという。
オランダ、トルコ、アフガニスタンでは、チューリップが国花となっている。
また、新潟県と富山県ではチューリップが県花になっている。
子どもが最初に描く花、最初に覚える歌として親しまれている。
現在、園芸品種の数は4000種を超える。
草丈は30センチから70センチくらいである。
根際から生える葉は披針形(笹の葉のような形)で、帯状となる。
開花時期は3月から5月である。
茎先に1輪から数輪の花をつける。
花径は5センチから8センチくらいである。
一重咲きのものは花被片は6枚である。
花弁が先が丸いものや尖ったもの、フリル状のものなどがある。
八重咲きのものもある。
花の色は白、赤、ピンク、黄色、紫、青、橙など多彩である。
俳句の季語は春である。
属名の Tulipa はペルシャ語の「tulipan(ターバン)」からきている。花の形が似ているということで名づけられた。
種小名の gesneriana はスイスの植物学者「ゲスナー(C. Gesner)さんの」という意味である。
写真は5月に函館市の市民の森で撮った。
品種名は、アプリコットインプレッションとハッピージェネレーションである。
学名:Tulipa gesneriana

★いたいけな乙女の思い姿変え
 溢れんばかり畑埋め尽くし
☆花びらをそっと覗けばお姫様
 いつか夢見る少女のように

チューリップ'ハッピージェネレーション'060520a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年4月 1日 10:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青軸冬至(アオジクトウジ)」です。

次のブログ記事は「東雲(シノノメ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0