柊南天(ヒイラギナンテン)

ヒイラギナンテン080316a-l.jpg柊南天(ヒイラギナンテン)はメギ科ヒイラギナンテン属の常緑低木である。
台湾、中国、ヒマラヤの原産である。
日本には江戸時代に渡来し、庭木として利用されている。
葉が柊(ヒイラギ)に似ており、実が南天(ナンテン)に似ていることから名づけられたという。
しかし、棘は柊ほどではないし、実も南天とは異なって黒紫色というように違いがある。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は細長い楕円形である。
先が尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花期は2月から4月くらいである。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
花弁は6枚で、先が浅く2つに裂ける。
萼片は9枚、雄しべ6本、雌しべ1本である。
花の後にできる実は直径6?7ミリくらいの球状の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、9月から10月に黒紫色に熟し、白い粉をふく。
別名を唐南天(トウナンテン)という。
属名の Mahonia は19世紀のアメリカ人の植物学者「マクマホン(B. Mc. Mahon)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に埼玉県立花と緑の振興センターで撮った。
実の写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
紅葉の写真は12月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Mahonia japonica

★ひそやかに黄金の飾りつけながら
 柊南天春を祝いて
☆木漏れ日に柊南天輝きて
 黄色花を鳥が揺らして

ヒイラギナンテン080316b-l.jpg

ヒイラギナンテン060506a-l.jpg

ヒイラギナンテン091206a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2012年2月18日 15:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黄花節分草(キバナセツブンソウ)」です。

次のブログ記事は「大輪三椏(タイリンミツマタ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0