沈丁花「瑞香錦」(ジンチョウゲ「ズイコウニシキ」)

ジンチョウゲ「ズイコウニシキ」080316a-l.jpg沈丁花(ジンチョウゲ)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木である。
原産地は中国である。
日本へは室町時代に渡来した。
瑞香錦(ズイコウニシキ)はその園芸品種である。
特徴は花の色が白いことである。
樹高は100センチから150センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の質は分厚く、艶がある。
開花時期は2月から4月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い花をつける。
花には花弁はない。
花のように見えるのは萼片である。
属名の Daphne は月桂樹のギリシャ名である。葉の形が似ていることから転用された。
種小名の odora は「よい香りのする」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Daphne odora 'Zuikounishiki'

★咽ぶほど強い香りに足向けて
 見れば真白な瑞香錦

ジンチョウゲ「ズイコウニシキ」080316b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年2月 9日 05:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヘレボルス・フォエチドゥス」です。

次のブログ記事は「厚葉千歳蘭(アツバチトセラン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0