レプトテス・ビコロル

レプトテス・ビコロル081207c-l.jpgレプトテス・ビコロルはラン科レプトテス属の多年草である。
レプトテス属はカトレア属の近縁種である。
本種はブラジル、パラグアイ、アルゼンチンなどに分布する着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は棒状で多肉質である。
開花時期は冬から春である。
花径は3センチから5センチくらいである。
花の色は白く、唇弁は桃色である。
属名の Leptotes はギリシャ語の「leptotes(繊細な)」からきている。
種小名の bicolor は「二色の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Leptotes bicolor

★めずらしい姿に思わず目を見張る
 なるほどこれは繊細な花

レプトテス・ビコロル081207d-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年12月29日 11:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「末広葵(スエヒロアオイ)」です。

次のブログ記事は「フィジーの椰子(フィジーノヤシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0