エリオカクツス・レニンハウシー

エリオカクツス・レニンハウシイ090117a-l.jpgエリオカクツス・レニンハウシーはサボテン科エリオカクツス属の常緑多年草である。
ブラジルの南部に分布する柱サボテンの仲間の1つである。
流通名は金晃丸(キンコウマル)という。
英名はゴールデンボールカクタス(golden ball cactus)である。
草丈は50センチから60センチである。
全体が金色の棘に被われる。
開花時期は春から夏である。
黄色い大きな花をつける。
属名の Eriocactus はギリシャ語の「erion(軟毛)+cactos(チョウセンアザミ)」からきている。
種小名の leninghausii はブラジル人の収集家「レニンハウス(G. Leninghaus)さんの」という意味である。
写真は1月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Eriocactus leninghausii

★美しく光り輝くその姿
 小さいけれど大きく見えて

エリオカクツス・レニンハウシイ090117b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年10月25日 11:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「川烏頭擬き(センウズモドキ)」です。

次のブログ記事は「キャベツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0