白根(シロネ)

シロネ090929a-l.jpg白根(シロネ)はシソ科シロネ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、低地から山地の湿地などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、東シベリアや北アメリカにも分布している。
草丈は80センチから120センチくらいになる。
茎の断面が四角形である。
葉は細長い楕円形で向かい合って生え(対生)、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
硬くて先は尖り、艶がある。
開花時期は8月から10月である。
葉の脇ごとに白い花を密集してつける。
花は上唇と下唇からなる唇形をしている。
上唇は先が浅く2つに裂け、下唇は深く3つに裂ける。
萼は5つに中裂し、裂片は刺状で先が鋭く尖る。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
和名の由来は、太くて白い地下茎があることからきている。
属名の Lycopus はギリシャ語の「lycos(オオカミ)+pous(足)」からきている。葉の形を狼の足にたとえて名づけられたものである。
種小名の lucidus は「強い光沢のある」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Lycopus lucidus

★葉の脇にとんとんとんと白い花
 つけてのっぽの白根の季節

シロネ090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年10月18日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白玉星草(シラタマホシクサ)」です。

次のブログ記事は「次郎柿(ジロウガキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0