白玉星草(シラタマホシクサ)

シラタマホシクサ071020b-l.jpg白玉星草(シラタマホシクサ)はホシクサ科ホシクサ属の一年草である。
日本固有種である。
静岡県、愛知県、三重県に分布し、日当たりのよい湿地に生える。
植物地理学的には周伊勢湾要素ないし東海丘陵要素の植物と呼ばれる。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は20センチから40センチくらいである。
根際から生える葉は線形で、先は針状に尖っている。
開花時期は8月から10月である。
頭花は球形で、花径は1センチに満たない。
つけ根の部分がややへこみ、全体に白い短い毛が密生していて白い球のように見える。
白っぽく見えるのは雄花や雌花の一部である。
黒っぽく見えるのは雄しべの葯である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、白い球のように見える花の姿からきている。
属名の Eriocaulon はギリシャ語の「erion(軟毛)+caulos(茎)」からきている。基準となった種の花茎のつけ根の部分に軟毛があったことから名づけられた。
種小名の nudicuspe は「凸頭が裸の」という意味である。
写真は9月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Eriocaulon nudicuspe

★小さくてとても可愛い花つけて
 白玉星草花火のように

シラタマホシクサ071020c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年10月18日 09:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エンキクリア・ラディアタ」です。

次のブログ記事は「白根(シロネ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0