カラテア・クロカタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

カラテア・クロカタ080211b-l.jpgカラテア・クロカタはクズウコン科カラテア属の常緑多年草である。
原産地はブラジルである。
一般名はエターナルフレーム(eternal flame)という。
草丈は50センチから100センチである。
葉は楕円形で皺がある。
開花時期は周年である。
カラテア属は一般に観葉植物として親しまれるが、本種はオレンジ色の花苞が美しい。
花は夜には閉じる。
属名の Calathea はラテン語の「calathus(籠)」からきている。
種小名の crocata は「サフラン黄色の」という意味である。
写真は2月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Calathea crocata

★鮮やかに咲かせる花はオレンジで
 葉との対比がまた美しく

カラテア・クロカタ080211c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2705

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年10月 7日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネリネ・プラティペタラ」です。

次のブログ記事は「薄黄木犀(ウスギモクセイ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0