カトレア・フォーベシイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

カトレア・フォーベシイ090928a-l.jpgカトレア・フォルベシイはラン科カトレア属の多年草である。
原産地はブラジルで、南東部の海岸近くに生える着生種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は幅の狭い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏から秋である。
花弁は淡い緑色、唇弁は白く内側は黄色い。
黄花系品種の交配親として使われる。
属名の Cattleya はイギリスの園芸家「カトレイ(W. Cattley)さん」の名からきている。
種小名の forbesii はイギリスの園芸家「フォーブス(J. Forbes)さんの」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Cattleya forbesii

★カトレアにこんな色彩あるんだね
 地味だけれども内は鮮やか

カトレア・フォーベシイ090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2689

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年10月 3日 12:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丁字菊(チョウジギク)」です。

次のブログ記事は「モロヘイヤ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0