シーマニア

| コメント(0) | トラックバック(0)

グロクシニア090201a-l.jpgシーマニア(Seemannia)はイワタバコ科グロキシニア属の多年草である。
原産地は南アメリカのペルーやボリビアである。
半日陰の林の中に生える。
日本では秋から冬の鉢物として流通している。
シーマニアはかつての属名であるが、今もこの名前で流通している。
草丈は30から60センチくらいである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
3枚から5枚が輪のようになって生える(輪生)こともある。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の両面に白い毛が生え、表面は緑色、裏面は淡い黄緑色である。
開花時期は10月から1月である。
茎先近くの葉の脇から柄を伸ばし、オレンジ色をした鐘状の花を1、2輪ずつつける。
花冠の先は星形に5つに小さく反り返る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Gloxinia はドイツの植物学者「グロキシン(B. P. Gloxin)さん」の名にちなむ。
種小名の sylvatica は「森林に生える」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Gloxinia sylvatica

★寒い時期目を楽しませるシーマニア
 金魚のような姿可愛く

グロクシニア090201b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2567

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年9月12日 07:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊良部茄子(イラブナスビ)」です。

次のブログ記事は「デンファレ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0