四手沙参(シデシャジン)

| コメント(0) | トラックバック(0)

シデシャジン070805b-l.jpg四手沙参(シデシャジン)はキキョウ科シデシャジン属の多年草である。
本州と九州に分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部などにも分布する。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から8月である。
茎先や葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の花をつける。
花冠は長さ2センチくらいで、細く5つに裂けて反り返る。
雄しべは5本である。
雌しべの花柱が長く突き出し、柱頭が3つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
「四手」というのは「玉串や注連縄(しめなわ)などに下げる紙」のことである。
「沙参」は釣鐘人参(ツリガネニンジン)の中国名である。
青紫色の花が後ろに反り返った独特の形から四手(シデ)を連想したものといわれる。
属名の Asyneuma はギリシャ語の「a(否定)+syn(共に)+aeuma(Phyteuma属の略)」からきている。タマシャジン属とは異なったという意味になる。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Asyneuma japonicum

★造形の不思議を見せる花姿
 四手沙参咲く野は深くして

シデシャジン070805a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2455

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年8月21日 09:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グロッバ・ウィニティー」です。

次のブログ記事は「水源草(ミツモトソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0