グロッバ・ウィニティー

| コメント(0) | トラックバック(0)

グロッバ・ウィニティー090929a-l.jpgグロッバ・ウィニティーはショウガ科グロッパ属の多年草である。
原産地はタイである。
流通名をシャムの舞姫(シャムノマイヒメ)という。
英名はダンシング・レディズ・ジンジャー(Dancing ladies ginger)である。
草丈は45センチから60センチくらいである。
葉の形は長い楕円形である。
開花時期は7月から10月くらいである。
茎先に長さ15センチくらいの穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を垂れ下げる。
紅紫色の部分は苞で、そのつけ根から出る黄色い部分が花弁である。
花期は長く、数週間咲いている。
園芸品種には苞が白いものもある。
属名の Globba はインドネシアの現地語「galoba」からきている。
種小名の winitii は採集者「ウィニット( L. Winit)さんの」という意味である。
写真は9月に宇治市立植物公園で撮った。
学名:Globba winitii

★南国へ行けばいろんなジンジャーが
 迎えてくれるこれは舞姫

グロッバ・ウィニティー090929b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2454

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年8月20日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鬼瞼升麻(キケンショウマ)」です。

次のブログ記事は「四手沙参(シデシャジン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0