紅頭紫蘭(コウトウシラン)

| コメント(0) | トラックバック(0)

コウトウシラン081005a-l.jpg紅頭紫蘭(コウトウシラン)はラン科コウトウシラン属の常緑多年草である。
日本では八重山諸島に分布する地生蘭である。
海外では、台湾、東南アジア、南アジア、太平洋諸島、オーストラリアなどにも分布する。
八重山諸島は分布域の北限である。
なお、「紅頭」は台湾にある旧地名である。
ランにはめずらしく、道端や草地に群落をつくる。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は50センチから100センチくらいである。
偽球茎は円錐形で、長さは2センチから7センチくらいである。
偽球茎というのは、ラン科植物の地上茎や花茎の一部が肥大した器官で、水分や養分の貯蔵場所となっている。
葉は数枚が束になって生える(束生)。
葉の形は線状の披針形(笹の葉のような形)で、縦の皺がある。
葉の長さは30センチから60センチくらいである。
開花時期は7月から9月くらいである。
温度さえあれば周年開花をする。
偽球茎の下部から長さ50センチから75センチくらいの総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、たくさんの花をつける。
花の色は淡い紅紫色であるが、白色の変種もある。
花の真ん中には1対の黄色の突起がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Spathoglottis はギリシャ語の「spatha(刀)+glossa(舌)」からきている。唇弁の裂片の形から名づけられた。
種小名の plicata は「副花冠のある」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Spathoglottis plicata

★咲き誇る花は紫南国の
 熱気溢れる紅頭紫蘭

コウトウシラン081005d-l.jpg

コウトウシラン081005e-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2422

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年8月15日 11:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「舞鶴草(マイヅルソウ)」です。

次のブログ記事は「猫の髭(ネコノヒゲ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0