瑠璃虎の尾(ルリトラノオ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ルリトラノオ110810a-l.jpg瑠璃虎の尾(ルリトラノオ)はゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
日本固有種である。
伊吹山の頂上草原にのみ生育する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
ただし、園芸的には外来種のベロニカ・スピカータ(Veronica spicata)も「瑠璃虎の尾」の名で流通しているので注意が必要である。
和名の由来は、花穂が虎の尾に似ていることと花の色からきている。
近縁種の九蓋草(クガイソウ)と似ているが、葉が対生(向かい合って生える)で葉柄がないことで区別できる。
九蓋草(クガイソウ)の場合は輪生である。
草丈は80センチから100センチくらいである。
全草に毛が生える。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には柄はない。
開花時期は7月から8月である。
長さ10センチから20センチくらいの花穂に青紫色の花を咲かせる。
花径は1センチくらいで、花冠は4つに深く裂ける。
雄しべは2本で、花冠から突き出す。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Pseudolysimachion はギリシャ語の「pseudo(偽)+Lysimachia(オカトラノオ属)」からきている。オカトラノオ属に似たという意味合いである。
種小名の subsessile は「無柄に近い」という意味である。
写真は8月に伊吹山で撮った。
学名:Pseudolysimachion subsessile

★孤高なる瑠璃虎の尾は花の穂を
 ゆっさゆっさと揺さぶり見せて

ルリトラノオ110810b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2401

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年8月12日 11:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大鷺草(ダイサギソウ)」です。

次のブログ記事は「雌宝香(メタカラコウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0